楽しく節約!賢く運用!!~夢のセカンドライフを目指して~

浪費家でギャンブル好きで我が道を行くトンボ(パートナー)を宥め賺して、節約と投資に励みます。ひたむきな努力でゆとりあるリタイア生活にロックオン!!

Take a look at this

お・も・て・な・し・・・おもてなし(-m-)

 06, 2015 14:34
前記事のリトアニアの女性が、4日にやって来ました。
前回我家に滞在したのは3月。

あれから広島・京都・名古屋・東京などを旅して、
今回は東京からバスで帰って来て、
関空からリトアニアに帰国する前夜でした。

ゴールデンウィーク中のバス移動で、
7時到着予定が最寄の駅に着いたのは9時を回っていました。

家に着いて「食事は?」と聞くと、「お握り1個だけ。」と。
「たぶんバスが遅れて、食べる時間もなかっただろうと思って、
あなたの好きなわかめのお味噌汁と肉抜き八宝菜を
用意しておいたよ。(彼女はベジタリアンなので)
ほうれん草とゴマは食べられる?(ほうれん草の胡麻和え)」
と立て続けに聞く私に、
「あ~ん、家に帰って来たみたい!お母さんみた~い!」と彼女。

まだ2回しか会った事ないんですけどね。

数ヶ月の日本の旅で友人と行動を共にする事もあったみたいだけど、
東京からはずっと1人で、大幅に遅延する長いバスの旅も1人で、
よほど話し相手に飢えていたのか、駅で会った時から、
堰を切ったように話が止まらない彼女。
前回来た時は、もっとシャイだったように思ったけど。。^^

この日の彼女はどこで買ったのかパンツスタイルの上に
紺色の「ひっぱり」(作務衣の上着のような物)を着ていました。
聞くと虫が食っているけど、よかったらとどこかでもらった物だとか。
もう1枚フリーマーケットで同じく虫が食った「ひっぱり」を
300円で買ったそう。

ちゃんとした着物っぽいものを買いたかったけど、
中古品でも高くて買えなかったそう。
そこで、外国の友人のため次回のおみやげにしようと
浴衣の裾を切って、つっ丈に縫い直してあったのを
プレゼントしました。

「ほんとにいいの?!」と大喜びの彼女。
さっそく羽織ってみて一緒に記念撮影。
P_20150504_234441-1.jpg

翌日は朝7時40分の空港バスに乗らなければならないので、
朝6時に起きて6時半には朝食。
ベジタリアンの彼女にはトーストと野菜サラダ・フルーツ、
紅茶とフルーツと野菜のジュースを用意して、
駅前のバス停まで、トンボも一緒にお見送り。

リムジンバスの料金にする円がないので、
目の前のコンビニのATMでクレジットカードで
現金を出そうとしたけれど、彼女のカードが少し変形しているのか、
ATMが受け付けてくれません。

トンボが2,000円を差し出すと、
律儀に「15ユーロで両替してね。」という彼女。

人生初のユーロ。
P_20150505_075454.jpg

ヨーロッパはあまり興味がないので、
多分一生行くことはないと思うんだけどね^^;
彼女との想い出にとっておきます。

バスが来て「あなた達はお父さんとお母さんみたい!」
と言う彼女と、固くハグし合って分かれました。
「ヴィソギャーロ~!(リトアニア語でさようなら)」

1度目の別れはなんとも思わなかったけど、
2度目の別れは情が移って寂しく思いました。
「おもてなし」をするのは良いけど、
あまり感情移入すると、別れが辛いね。

帰宅してトンボに当然のように2,000円要求されました(>_<)
若い女性の前でいいかっこして、なんやねん!!


******************************************************

ランキングに参加しています。
出来ればポチッとクリックお願いします!(-m-)オネガイシマス!!


↑↑↑応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑こちらもお願いします!(*- -)(*_ _)

******************************************************


スポンサーサイト
  •   06, 2015 14:34
  •  2

COMMENT 2

Wed
2015.05.06
19:57

kakaa717 #qDqFdRos

URL

No title

外国の方と心が通じる本当の友人同士なんですね。オージーママさんのお人柄がうかがえるエピソードに感動しました♪

Edit | Reply | 
Thu
2015.05.07
18:16

オージーママ #mQop/nM.

URL

kakaa717さん

またもコメント、ありがとうございます!

いえいえ、彼女とは2回しか会った事ないです^^;
ただカトコトでも言葉が通じて、お互いに心を開くと
仲良くなれてしまいますね。

色々な国の人と、異文化体験するのって本当に楽しいです。

無料でベッドや食べ物を提供する以上に、
私達も楽しませてもらっています♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?