楽しく節約!賢く運用!!~夢のセカンドライフを目指して~

浪費家でギャンブル好きで我が道を行くトンボ(パートナー)を宥め賺して、節約と投資に励みます。ひたむきな努力でゆとりあるリタイア生活にロックオン!!

Take a look at this

2013オーストラリア旅行 Vol.13~SLに乗る!~

 23, 2013 18:31
10月19日
朝7時起床。

昨日メルボルン市街のパン屋さんで買って来ておいた
パンと紅茶(私以外の人はコーヒー)で朝食。
写真のパンはトンボと私の2人分。
DSC03633_201311231712259c5.jpg

ホテルを8時にチェックアウトして、
すぐ近くのクイーンビクトリアマーケットへ。

こちらは南半球最大のマーケットと言われています。
駐車場側から入ったので裏口です。
DSC03634.jpg

表はこんな感じ。
market3.jpg

朝の8時過ぎでも人はもういっぱいでした。
新鮮な野菜や果物が比較的安い値段で売られています。
DSC03639.jpg

とにかく広くてお店が多いので、野菜を買うにしても
どのお店で買ったらいいのか、迷ってしまいますね~
DSC03641.jpg

「買う時以外は触らないで!」と書かれている
紫色のブロッコリーは500円。
かなり大きいですけどね。
DSC03642.jpg

日本の大根を日本人以外の人に話す時、
私は「Japanese radish」って言ってましたけど、
ここには「ダイコン」って書いてあります!
他にも「シイタケ」も日本語のまま通用しますね。
DSC03643.jpg

ナッツやドライフルーツ、穀物などの乾物屋さん。
私には謎の物も沢山ありました。
DSC03644.jpg

野菜果物、雑貨等の棟とは道を挟んであるこちらには、
肉や魚、惣菜、パンなどを売っているお店が並んでいます。
こちらの方が新しいのかかなり綺麗な建物です。
通路も広く、朝早いのにお客さんでいっぱい!
DSC03651.jpg

調理済みのチキンがいっぱい。
美味しそう~!
DSC03648.jpg

パン屋さんは日本のお店とかなり趣が違います。
DSC03652.jpg

袋にも入れず裸のまま、棚に並んでいるんですね~
対面式で注文してパンを取ってもらうのは、
日本人にはちょっと買い物し難いな~
DSC03653.jpg

魚屋さんも綺麗!
美味しそうなサーモン!!
DSC03654.jpg

お肉屋さんも同じく綺麗です。
巨大で安いマーケットって聞いてたので、
もっとゴチャゴチャしたところを想像してました。
DSC03655.jpg

こちらはハムやベーコンのコーナー。
オーストラリアはハムやソーセージの種類がハンパなく多いです。
私はロースのベーコンが大好きです!!
日本には売ってないんですよね。
DSC03657.jpg

買いたいものは色々ありましたが、夜まで出掛けたままで、
ゴールドコーストへ飛ぶので、生鮮品は買えません。
それでもMちゃんは大きなアスパラを、
私は新鮮なマッシュルームを少しずつ買いました。



そして次に向かったのはメルボルン郊外!

約1時間のドライブの後、着いたのがこちら。
かなり田舎町。
「パッフィンビリー」って何だ?!?!
DSC03659.jpg

じゃ~~~~ん!
オーストラリアで人気の蒸気機関車です!!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
蒸気機関車、初体験~~!!!
メッチャ楽しみ~♪
puffing billy

こちらの鉄道は、赤字で一旦廃止されましたが、
蒸気機関車ファンと地域の人達の要望で、
ボランティアの人達に支えられて再開しました。
なので駅員さん達はほとんどが高齢者です。
DSC03660.jpg

でも根強い人気で、遠くから観光客も集まって、
切符を買うのにも長蛇の列です(@_@。
ダンスやジャズ、コメディ、ミステリーはじめ、
ランチやディナーのイベントカーも色々あります。
私達もイベントカーに乗りたかったのですが、
9月末には予約でいっぱいでした!!ザンネン!
DSC03663.jpg

お値段はちょっと高めの1人往復4,400円。
これでも終点までではありません。
片道1時間乗ってこのお値段。
ゆっくり走るので1時間でもかなり近いです^^
パパと子供達を機関車に片道だけ乗せて、
ママが車で先回りして到着駅で待ってた人がいましたからね。

ここがパッフィンビリー機関車の始発駅、ベルグレーブです。
CIMG0875.jpg

30分以上早目に着いたのに、切符を買うのに時間が掛かり、
出発間際だったので、出発までに機関車の写真が撮れませんでした。
降りた駅では必ず撮ろう!!


出発するとまもなく、木の陸橋に差し掛かります。
ここがパッフィンビリー鉄道のハイライトシーン。
パンフレットの写真にもあるように、
乗客は足を機関車の外に投げ出して楽しみます。

陸橋のカーブを楽しむために、乗車したら右側の席を取る事!
と調査済みだったので、ちゃんと右側の席をキープ^^
DSC03666.jpg

写真が遠くてよく見えませんが・・・
DSC03668.jpg

ズームにするとほらっ!!(@_@。
日本では絶対許されない行為です!!!
DSC03668-1.jpg

中には手前の車両の乗客のように、
お行儀よく座っている人達もいます。
DSC03672.jpg

2本の鉄棒があるので、飛び出す事はないでしょうが、
近くで見るとかなり危ない気がします。。。
DSC03673.jpg

お行儀がいいと定評のある日本人の私達は・・・



おっと!
足が出てますよぉ~(^^;
DSC03670.jpg


おとなしく足だけ出してるだけでは飽き足らず大はしゃぎ!!
郷に入れば郷に従え!
せっかく初めての蒸気機関車に乗ったのだから楽しまないと!!d(^-^)ネ!
子供に返った気分です(≧∇≦)ノ♪

次の駅で乗務員の方がみんなで撮ってあげようと声を掛けてくれたので、
お言葉に甘えて、ハイポーズ!!(゚゚☆\(--メ)トシヲカンガエロ!!
DSCF1247.jpg

こんな景色の中を・・・
DSC03669.jpg

蒸気を上げながら汽車は進みます。
DSC03677.jpg

車内は古びてノスタルジックな雰囲気!
1つ目の駅を過ぎたので、かなり空きました。
DSC03680.jpg

山の中を過ぎて、景色が変わりました。
のどかで綺麗で癒されます。
DSC03685.jpg

私達の目的地、レイクサイドに到着です。
DSC03688.jpg

最初に撮れなかった最前部の写真を撮らないと!!
いいお顔してますね~(*^^)
DSC03690.jpg

機関車部分だけ切り離して動いてました。
どうやらこの汽車はここ止まりで、
機関車を車両の前と後ろに付け替えるようです。
横から見た姿も美しい!!(>▽<)♪
DSC03697.jpg

木の間から見える湖のそばでランチを食べ、
また始発駅へと帰ります。
DSC03699.jpg

帰り道、途中の駅でトーマスのイベントをやってました。
機関車トーマスも見られてラッキー♪
DSC03702.jpg

4,400円の乗車料金は、最初少し高いかなと思いましたが、
往復2時間、たっぷり列車に乗って、
日本では出来ない「危険?」な乗り方で大はしゃぎして、
(帰りもまた同じ事してた^^;)
綺麗な景色を見て癒されて、生まれて初めての機関車に感動して、
価値は充分あったと思います。

メルボルンへ行かれたら、グレートオーシャンロードと
パッフィンビリー蒸気機関車、この2つ、押さえて下さいね!

レンタカーを借りるのはちょっと・・・と言われる方は、
グレートオーシャンロードはバスツアーで、
蒸気機関車の駅までは他の鉄道で行けます。


この後私達はメルボルンの空港でレンタカーを返却し、
2時間のフライトで夜の9時にゴールドコーストに帰りました。

大感動、大興奮、大満足のメルボルンの旅は終わりました。


******************************************************

ランキングに参加しています。
出来ればポチッとクリックお願いします!(-m-)オネガイシマス!!


↑↑↑応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑こちらもお願いします!(*- -)(*_ _)

******************************************************
スポンサーサイト
  •   23, 2013 18:31
  •  0

COMMENT 0

WHAT'S NEW?