楽しく節約!賢く運用!!~夢のセカンドライフを目指して~

浪費家でギャンブル好きで我が道を行くトンボ(パートナー)を宥め賺して、節約と投資に励みます。ひたむきな努力でゆとりあるリタイア生活にロックオン!!

Take a look at this

2013年オーストラリア旅行 Vol.10~グレートオーシャンロード~

 16, 2013 16:53
グレートオーシャンロードの入り口、トーキーから
お洒落なスポット、ローンに向かいます。

空港から2時間ほどでローンの街に到着。
DSC03494.jpg

未開発の自然の残る、静かでお洒落な街ということで、
グレートオーシャンロード一番の人気の街だそうです。
DSC03492.jpg

小さなレストランやカフェがありましたが、
私達が選んだのは小さなパン屋さん。
ドリンクもあるので、表のテーブルで食べる事も出来ます。
私達もそこで食べたのですが、気温が低い上に
風も出て来てかなり寒く、急いで車に戻りました。
DSC03493.jpg


ローンを出発して3時間のドライブ。
グレートオーシャンロードを西へ西へと向かいます。
途中アポロベイを過ぎ、自然いっぱいのオトウェイ国立公園では
野生のカンガルーやコアラがいないかキョロキョロしながら走りました。

メルボルンでは快晴だったお天気も、南に下るうち、
時々スコールのような雨に見舞われ、
気温も下がり、風も強くなって来ました。

そしてついにグレードオーシャンロードのスポットのひとつ、
12アポストロズに到着!!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
DSC03498.jpg

南海岸の荒い波が、気の遠くなるような年月を掛けて、
海岸線を削って出来た、自然の芸術品・・・それが12アポストロズです。
DSC03504.jpg

陸地から少し離れたこの岩も・・・
DSC03501.jpg

このすべての岩も、以前は大陸の一部だったのですね。
波がどんどん陸地を削り、ギザギザのくしのような状態になり、
次に途中が崩れ落ち、小さな山のような岩となって残りました。
以前は12個の大岩があったそうで、それをキリストの使徒になぞらえて
12アポストロズと呼ぶようになったそうです。
今はどんどん崩れ落ちて8つか9つしか残ってないそうです。
DSC03505.jpg

こちらは12アポストロズから少し離れたロンドンブリッジ。
以前は繋がっていて橋のようだったのですが、
20年くらい前に崩れ落ちたそうです。
ここも何百年か先には12アポストロズのように、
1個の大岩になってしまうのでしょうね。
自然の力の大きさを痛感します。
DSC03513.jpg

陸地に迫って来る波が、すごく大きくて力強いです。
このパワーで今も陸地を削り続けているんですね~
何億年か後にオーストラリアは日本くらいになってるかも!(゚゚☆\(--メ)ナルカァ!!
DSC03511.jpg

初めてここを訪れた時、あまりの自然の壮大さに、
人間・・・自分の小ささに人生観が変わる思いがしました。
壮大な自然、地球に比べたら、あまりにも小さい自分。
人間の一生なんて、自然の中ではほんの一瞬。
小さな事でクヨクヨ悩んでいる事が愚かな事に思えました。

この自然に向かい合ってみると、一生懸命生きてさえいれば、
小さな事でクヨクヨする事はないよ!と自然が教えてくれているように感じます。

今回は残念にも雲が多く風が強かったので、
写真の色がもうひとつなのですが、
15年前はお天気もよく、海の色も凄く綺麗でした。
その時の写真を少しアップしますね。
12アポストロズ
A0017.jpg

15年前は10くらい残ってました。
この15年の間にも崩れ落ちて減っていっているんですね~!(@_@。
A0018.jpg

ロンドンブリッジの右下の穴を上の写真と見比べると、
少し大きくなってるのがわかります!
右側も小さな橋のようになり、また崩れ落ち、
最後には2つの岩になってしまうのでしょうね!
A0020.jpg


12アポストロズも今回の写真と、15年前の写真を比べてみました。
赤丸の岩の大きさが下の写真(15年前)より小さくなっていますよね?!
青丸の部分は大きな岩が崩れ落ちて、いくつかの小さな岩が残っています。
自然ってほんとに凄い!!
DSC03500-2.jpg


300キロ近いドライブを終えて、この日は12アポストロズの近く、
ポートキャンベルに泊まります^^


******************************************************

ランキングに参加しています。
出来ればポチッとクリックお願いします!(-m-)オネガイシマス!!


↑↑↑応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑こちらもお願いします!(*- -)(*_ _)

******************************************************
スポンサーサイト
  •   16, 2013 16:53
  •  4

COMMENT 4

Sat
2013.11.16
21:36

o-debu #-

URL

No title

おぉ~!
すごい!この眺めは実際に見ると感動するでしょうねぇ!
確かに人生観が変わりそうです。行ってみたいなぁ。
観光客は多いのでしょうか?
素敵な旅行記続きが気になります^^

Edit | Reply | 
Mon
2013.11.18
00:23

オージーママ #mQop/nM.

URL

o-debuさん

o-debuさん、いつも見ていただいてありがとう!!(ノ^▽^)

ひとつの場所だけがこんな景色ではなくて、
少しずつ形を変えた眺めが、延々と続いているんです。
大陸の大きさを実感しますよ。

観光客は季節によっても違うと思いますが、
この日は土曜日だったにもかかわらず少なかったです。
行く先々で観光客には会いますが、スポットが多いので、
一箇所で混むという事はなく、駐車場はどこも空いていました。

日本人観光客には会いませんでしたね~
ヨーロッパやアジア、アメリカ、
色んな国からの観光客が来ているみたいでした。

Edit | Reply | 
Mon
2013.11.18
11:53

きらり #-

URL

No title

オーストラリア旅行記楽しく読ませて頂いてます^^

この写真!
コメントせずにはいられません~

写真を見るだけでもすごいです。
なんだか吸い込まれそう・・
キレイなような、こわいような気持ちが湧いてきました。

この場に立つと動けなくなりそうです。

Edit | Reply | 
Mon
2013.11.18
17:13

オージーママ #mQop/nM.

URL

きらりさん

きらりさん!
いつも見ていただいてありがとうございます!^^
コメントも、とても励みになります(*_ _)

きらりさんが仰る「こわいような」って表現、当たってます!
あまりにも壮大で、息を呑んだまま止まってしまいます。
ほんとに鳥肌が立って来るんですよ。

写真だけでそう感じられる感受性の強いきらりさんなら、
実物を見られたら、その何十倍も感動すると思います。

機会がありましたら、是非お越し下さい!
オーストラリア観光局の回し者みたいですけど(^^;
ほんとにお勧めです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?