楽しく節約!賢く運用!!~夢のセカンドライフを目指して~

浪費家でギャンブル好きで我が道を行くトンボ(パートナー)を宥め賺して、節約と投資に励みます。ひたむきな努力でゆとりあるリタイア生活にロックオン!!

Take a look at this

2013年オーストラリア旅行 Vol.4~潜入VIPルーム~

 04, 2013 14:42
カジノの入り口にはいつも屈強なセキュリティガードが
1つの入り口に1人か2人立っています。
声を掛けられる事はまずないですが、
18歳以下に見える人は、身分証提示を求められたりします。

大きな荷物を持って入ろうとしても止められます。
大きな荷物はクロークに預けないといけません。

ラスベガスと違って服装がカジュアル過ぎるからと言って
止められる事はまずありません。
夏はTシャツ・短パン姿の男性も何人も見掛けるくらいですから^^

ホテルのエントランスを過ぎてまっすぐ歩くと、
カジノの入り口が見えます。
右手の大きな壁の向こうにももうひとつ入り口があります。

カジノは18歳以上なら誰でも入る事が出来ます。
もちろん、メンバーでなくても大丈夫。
DSC03942.jpg

メンバーには身分証明さえあれば、誰でもすぐになる事が出来ます。
最初はみんなレッドカードです。

メンバーになればフロアーにある自動販売機で
レッドメンバーなら1日2杯ソフトドリンクが無料です。
コーヒー・紅茶・カプチーノ・カフェラテ・
コーラ・スプライトなど色々あります。

パールメンバーは確か1日5杯だったかと思います。
ブラックは無制限(@_@。

でもブラックカードメンバーは専用ラウンジで、
すべての飲み物が無料でゆったりと飲めるので、
いくら無制限でも自販機の紙コップで
ドリンクを飲む人はいないと思いますけど。。

メンバー以外は自動販売機で買えばどれも2ドルです。
物価高のオーストラリアでは格安ですね。

アルコール類は中にバーがあってすべて有料です。

以前はドリンク専門のスタッフがいて、
銀のお盆を片手に「Coffe~,Soft drinks~!」と
声を掛けながら無料で回って来てくれたのですが、
世界的な大不況で、カジノも緊縮財政のようです。

華やかな頃のカジノを知ってる私達は、
少々物足りない気がします。


さて、夕食後カジノに向かった私達。
一般の人達の入る入り口には行かず、その手前にある
VIP専用のドアから専用エレベーターで7階にある
VIP専用ルーム「The Club」に向かいます。

一般の入り口(白枠)の手前にあるドア(赤枠)が専用入り口です。
ドアに書かれているのは「The Club」の文字(黒枠)。
ピンク枠の小さな機械にブラックカードをスライドすると・・
DSC03863.jpg

ドアが手前に開きます。
DSC03861.jpg

エレベーターの中にもカードをスライドする機械があって、
カードを通さないとエレベーターは動きません。
黒枠が「Club」、白枠がパールメンバーのフロアで5階「Suite」。
「Suite」にはブラックメンバーも入れます。
赤枠「Casino]とあるのが一般のフロアです。
DSC03762.jpg

7階に着くと目の前がフロントデスク。
デスクの前にはカードをスライドする機械があるので、
そこにカードを通すとフロントデスクの向こうにあるドアが開きます。

私とトンボはブラックカードを持っているので、
そのまま通れるのですが、友人夫婦・・EさんとMちゃんは通れません。
でもブラックカードをもらった時に、スタッフに言われていました。
「1人だけ友人を連れて入る事が出来ます」と(*^^)v

実はトンボと私は、今までも何度かVIPルームに入った事があります。
地元の友人の何人かがブラックカードを持っていたからです。
「こんな所に私達が入っていいのかな?」と思いながら、
飲み物を自分で注文する事も出来ずに小さくなってました^^;

ブラックカードを持っていた数人の友人達は、
今ではみんなカジノに出入りしていません。
引っ越した人もいますが、カジノでお金を使い過ぎて
今ではカジノに出入りする事すら出来なくなった人もいます。
人生いろいろありますね~

EさんとMちゃんはパスポートを提示して、
私達の連れとして入れてもらいます。

以前友人に入れてもらったVIPルームの隅で小さくなっていた私達が、
今回は友人を連れて堂々(?!)の入場ですヽ(´▽`)/ヘヘヘ

残念な事にここから先は(カジノ内はすべて)カメラは厳禁。
映像でお見せ出来ないのが残念です(>_<)

日本人のカジノ好きの有名人も、よくここに来ています。
私も会った事もあるし、一般のフロアにいても
「今〇〇さんが来てる」とか「昨夜〇〇さんが来てたよ」
と言う話はよく聞きました。

でも不況が長く続く今、私達が滞在している間、
VIPルームで日本人の姿はほどんど見掛けませんでした。


フロアーに入った私達は、とりあえずいくつもある
ソファとテーブルのセットの1つに座り、
それからバーカウンターに行き、
それぞれ飲み物を注文しました。

私以外の3人はとりあえずビールを、私はカフェラテを注文しました。
ホテルのレストランでは1,000円のビールも、
ソフトドリンクもここではすべて無料、飲み放題です。

食べ物のコーナーにはパンやフルーツ、スープやおかゆ(中華風)、
チーズやスナックなど並べてあり、ブッフェ様式で食べられます。
メインの料理はありませんが、朝ご飯やランチを済ませる程度には
色々揃っています。

飲み物を飲みながら、しばらくフロアの様子を見ていました。
部屋の隅にはピアノ、いくつものソファとテーブルのセット。
ルーレット、ブラックジャック、バカラなどのテーブルゲームの数々。

中には「Reserved」の札が置いてあるテーブルもあります。
超VIPが席を借り切ってプレイするのでしょう。

貸切のテーブルでプレイしているのを見ると、
びっくりするような金額のチップが積まれています。

また普通の主婦に見える方が100ドルチップを積んで、
まるで1ドルチップでプレイするかのように、
どんどんテーブルに置いていたりします。
私なんて5ドルチップ1枚賭けるのにもドキドキしてるのに・・(>_<)
世の中、私達庶民の想像を絶するような人が沢山いますね。

中には朝行っても、昼行っても、夜行っても、
まるで住んでるようにVIPルームにいる人もいました。
しかもいつも高額チップでどんどんプレイしています。
まだ40代くらいの男性でした。

いったい仕事は何をしていて、どれほど資産を持っているの?
と色々想像してしまいます。

カジノに来ると、それが一般のフロアーでも、
VIPのフロアーでも、いろんな人間達、いろんな人生を
垣間見るような気がして、ほんとに楽しいです。

この雰囲気をみなさんに画像でお見せ出来ないのが残念です。


******************************************************

ランキングに参加しています。
出来ればポチッとクリックお願いします!(-m-)オネガイシマス!!


↑↑↑応援クリックしていただけると励みになります。

******************************************************
スポンサーサイト
  •   04, 2013 14:42
  •  2

COMMENT 2

Wed
2013.11.06
03:21

ジョン #-

URL

No title

失礼ですが、節約・・にはみえませーん(*^。^*)
豪華絢爛ではありませんか^^;

これで質素だとか、節約と言われましては・・
庶民派代表の僕は怒ってしまいますよ(^O^)

FXで毎月稼げると・・次第に生活レベルが
確かに・・・上がりますから・・(^O^)
今月もお互いに頑張って、がっちり稼いでいきましょう!!

Edit | Reply | 
Thu
2013.11.07
01:12

オージーママ #mQop/nM.

URL

ジョンさん

セレブのジョンさんが「庶民代表」なんて言うと、
みなさんが怒ってしまいますよ~(`ε´)ぶーぶー

私のは何かの間違いの偽VIPで、
この旅のコストは旅行記の最後に書きますが、
びっくりするような低コスト旅行です。

しかもその旅費を貯めるために、日々涙ぐましい
節約をしているのです(ToT)
どうかお間違いなく!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?