楽しく節約!賢く運用!!~夢のセカンドライフを目指して~

浪費家でギャンブル好きで我が道を行くトンボ(パートナー)を宥め賺して、節約と投資に励みます。ひたむきな努力でゆとりあるリタイア生活にロックオン!!

Take a look at this

台湾旅行 Vol.6

 29, 2013 00:28
台湾2日目の朝、野柳自然公園~九份に向けてホテルを出発。
空はどんよりしているけれど、まだ雨は降っていない。

まずはMRTで台北に出て、そこから金山行きのバスに乗って野柳へ。

悠遊卡ヨーヨーカー(Easy Card)が今日も大活躍。

台北まではわずか2駅。

そこからバスターミナルへ行くのですが、
台北の駅はでっかいので、駅員のお姉さんに
「野柳に行きたいけど、バスターミナルはどこですか?」と聞いてみました。

ここでは英語がすんなりOK。
「M5の出口を出たところです。」と教えられ、そちらから外へ。

ところが駅を出てもビルが一杯あり過ぎて、
バスターミナルがどれかわからない!

陸橋を渡って向こう側にも行ってみました。

すると、こんな光景が!

ありえへ~ん!

DSC02734.jpg

バイクが多いのは仕方ないとしても、
車を取り囲むように前方にバイクの群れ!
これは日本ではありえな~い!

台湾は右側通行やし、私にはレンタカー借りての旅は無理やわ~

DSC02736.jpg


散々ウロウロして、やっとの事でターミナルを見つけ、
カウンターに行って「野柳行きのチケット2人。」と言うと、
ここは違うと言われた!( ̄◇ ̄;)エッ

どうやらバスターミナルが複数ある模様。

でも外に出て探しても、それらしい建物がない!

仕方なくまた向かい側に戻り、普通のバス乗り場を探してみるも見つからず・・・


そこへお巡りさん!

すかさず「野柳に行きたいんですが、バス乗り場はどこですか?」と尋ねる私。

中国語がわからない私達に、昨日の警備員さん同様、
付いて来なさい!というジェスチャー。

DSC02737.jpg

警備員さんと違って、ニコリともせず、あくまでニヒルに。

見せた背中が頼もしい!!(>▽<)キャッ♪

DSC02738.jpg


結局元来た道を戻り、駅のM5出口へ。
その前方100mくらいのところのハイビジョンモニターのあるビル、
それがバスターミナルとの事。

バスターミナルは3箇所あるらしく、2つは隣接、
ひとつは離れたところにあるのに、
私達はその離れたターミナルに行っていた(>_<)

やっと野柳行きのバスを見つけ、10時36分台北発のバスに乗りました。
2~30分ウロウロしてたのか?!

DSC02739.jpg


ここでも乗る時と降りる時に悠遊卡ヨーヨーカーかざしてピッ!
楽チンやわ~

料金は96元≒340円。
ちなみにMRTからすぐにバスに乗ったら8元引きやけど、
私達はウロウロし過ぎて時間切れやったようです(>_<)

バスに揺られる事1時間と少し、ようやく野柳に着きました。
隣に座ってた現地の人らしい女性が、
「野柳に行くの?」と声を掛けてくれ、
「野柳はきれいなところよ、楽しんで来てね。」とカタコトの英語で。

こんなところでも台湾の人の優しさを感じます。
「謝謝!」(私が言える数少ない中国語^^;)と言ってバスを降りました。

野柳自然公園はすぐそこ・・・のはず。

DSC02740.jpg

途中お寺らしきところもあり。。

DSC02741.jpg

見た事もないような貝類が売られていたり・・

DSC02742.jpg

海の幸をそのまま料理してくれて、食べられるお店も並んでました。

DSC02743.jpg

5分ほどで野柳自然公園に到着!

DSC02744.jpg

前は観光バスのターミナル。
鮮やかな色彩のバスが多いです。

DSC02745.jpg

背後の景色もなかなかのもの。

DSC02747.jpg

こちらのブースでチケットを買って入ります。

DSC02748.jpg

1人50元≒180円、安ッ!

DSC02749.jpg

野柳のゆるきゃら・・かな?

DSC02750.jpg

中に入ると色んな奇岩がいっぱい。
昨夜すごく雨が降ってたので、水溜りだらけ。
でもまだ雨に降られてません。
なんとか持っておくれ!(-m-)”

DSC02751.jpg

DSC02753.jpg

むき出しになった地層もすごい。
お天気なら海の向こうまで見えて、
景色も綺麗なんでしょうね~

DSC02754.jpg

DSC02755.jpg

そしてこれがこの公園の一押し奇岩みたいです。
チケットのイラストにもなってるからね。

DSC02757.jpg


これをバックに写真撮影する人が一杯でした。

私も友人も、基本写真には写りたくないので、奇岩だけ~



時間はお昼を過ぎた頃、そろそろランチにしようか、
でも朝しっかり食べて来たからまだお腹が空かないね~
と話しながら、公園を出て、周りのお店をブラブラ見て歩きました。


お店の呼び込みは沢山あったけど、それほど空腹でもない私達は
入りたいお店も見つからず、でもこのまま九份に行っては
夜景まで時間があり過ぎるし、どうしようか迷いながら、
バス停の方角へ戻って行きました。

その時、道端で座っていたおじさんが、声を掛けて来ました。

この後、私達の今日の予定は急展開!!


******************************************************

ランキングに参加しています。
出来ればポチッとクリックお願いします!(-m-)オネガイシマス!!


↑↑↑応援クリックしていただけると励みになります。

******************************************************
スポンサーサイト
  •   29, 2013 00:28
  •  6

COMMENT 6

Wed
2013.05.29
04:51

kyon2 #qia2flSs

URL

國光客運バスは

行き先によって、駅前の三ヶ所のバスターミナルが使われます。
その辺りの情報になるとガイドブックはあまり当てにならないかも。
バス会社のWEBサイトを見るのがいちばんなんですが、日本語や英語
表記があるサイトは少ないのが現状。
http://www.kingbus.com.tw/taipeitterminalA/TaipeiWestBusStationTerminalA.html

なお悠遊卡の相互乗継割引(△8元)は、路線番号が3桁までの
台北市及び新北市聯営バスにのみ適用されます。
1815台北西站A棟-金青中心などの4桁路線は対象外です。

Edit | Reply | 
Wed
2013.05.29
11:50

きらり #-

URL

No title

台湾旅行記楽しく読ませてもらってます♪

バイクすごいですねぇ。
日本でこれはとても怖い状況ですね(汗)

食べ物もおいしそうですね。
飲茶とか大好きです。
この前、台湾料理食べてきました。

この後どうなるのか?!
次の記事を楽しみにしてます。

Edit | Reply | 
Wed
2013.05.29
14:33

オージーママ #mQop/nM.

URL

kyon2さん

いつも的確な情報ありがとうございます。

このサイトの地図はわかり易いですね!
これを先に見ていたら迷わないですみました^^;

バスの割引の件も、よくわかりました。
たぶん郊外に出るバスは適用外なんですね。

ありがとうございました(__)

Edit | Reply | 
Wed
2013.05.29
14:40

オージーママ #mQop/nM.

URL

きらりさん

いつも訪問いただいてありがとうございます!^^

信号の一番前にバイクの止まる位置が書いてあるようなんですが、
なんでそんなところにバイクを停止させるの??って思いました。
バイクの数が半端じゃないので、車は運転しにくいですよね。

食べ物はほんどに違和感ないです。
海外に行くと大なり小なり、匂いが違ったり、
味が違ったりするものですが、
台湾は日本食の味に一番似ていました。

自分の旅の記録のための旅行記ですが、
またよかったら続き見に来て下さい^^

Edit | Reply | 
Wed
2013.05.29
18:26

kyon2 #qia2flSs

URL

野柳は興味深いところ

・・・だと思うのですが、なぜか日本のツアーですと
ほとんどが九份のみ(たまに十分も)で、めったに
行かないようです。
一方で中国からの団体は必ずといって良いほど寄るらしく
保護のために団体入場規制も検討されているそうです。

隣にある水族館も、こじんまりしていますがクラゲの展示や
高飛び込みショーなどがけっこう面白い施設。
この数年、台湾観光協会が夏休み用に「台湾アミューズメント
パーク無料利用券」を配布しており、それを利用して寄って
きました。

Edit | Reply | 
Wed
2013.05.29
20:14

オージーママ #mQop/nM.

URL

kyon2さん

野柳には水族館もあったのですね!
それは知りませんでした。

野柳はガイドブックにも出てない事がよくあります。
でも台北からだと九份と同じ方向なので、
一緒に回ればいいと思って計画を立てました。

私は友人がブログに写真をアップしていたのを見て、
行く事に決めてました。

kyon2さんのブログは台湾の情報いっぱいですね。
ちょこちょこ訪問させてもらっています^^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?